<棟板交換>

<棟板交換>

建物も年数がかさむといろいろ交換の時期がきます。

今回は屋根の最上部、棟板金の下地の棟板
新築時には当時自然木の貫板を使用していましたが
腐りが出るので、最近では人工材の樹脂板を使用

釘が抜けづらく、メンテが楽とのことです。
風害にも強く、棟が飛散しづらくなります。

次の記事

<破風板の破損>