最近、塗膜の優れた塗料がどんどん開発されていますが 建物は塗膜だけ優れても他の箇所が10年もすれば結構傷みます。

今回はそうした箇所をご報告いたします。

一番多いのは屋根の棟のところにある板金、 この板金を固定している下地の『ぬき板』と呼ばれる 杉の木材です。

※ 動画 強風後の屋根の棟の補修

この板が腐ってしまい板金が浮いてしまっていたり、 固定する釘が抜けかかっていたりすることは頻繁にあることです。

今回の現場では、釘が抜け板金が落ちてしまいました。

風の強い時代です、足場をかける塗装時のサイクルを長く設定しないで、安価な塗料での10年点検も選択肢としては有益な場合があると思います。

予想外の追加工事を未然に防げることもあると思いました。