初めての塗装の方、高齢者の方が見やすいホームページを心がけています。リフォーム工事の施工例・塗装価格帯・お客様の感想などもご覧下さい。
ブログ-施工例

塗装の重要性

サイディング・シールの劣化

サイディングのお客様は点検して下さい。 写真のようにサイディングのシール部が 片側に寄っていませんか。 またはシール部がスジ状にシワが多くできていませんか。 サイディングボードは表面よりもシール部の側面より 吸水しサイデ …

建物の生涯維持コストを最小限に

<建物の生涯維持コストを最小限に> 長年建物を使用すれば外装・内装・設備器具 いろいろなところが傷み補修費用がかさみます。 外部は塗膜の劣化から下地の傷みへ 塗装で保護膜をしっかり作り 建材が長年使用できるよう保護しまし …

塗装時の点検・破風板・軒天井ごと降下

足場がついた作業初日 なにか違和感があり2階の横樋の 後方の角を注視してみると 角を先端に各面に2m程度づつ 軒天井が緩やかに下がっている。 一軒見落としそうですが 雨樋の裏をのぞいてみると 破風板が軒天井ごと大屋根と分 …

棟の板金の落下

<塗装時の各所点検が有効> 今回のお客様は2回目の塗装時期がずれてしまい 長期間、点検できずにいました。 先日、台風のあと建物横に板金の屋根材が落下 ご報告いただき、すぐに屋根上へ 間違いなく棟の板金でした。 落下場所が …

壁の脱落

<壁の脱落> モルタルの壁(セメント系の外壁材)のお客様には稀に ひび割れ等、地震のあとの亀裂などから、雨水が侵入し モルタルの裏側のベース材を腐らせてしまいます。 その結果、ボードを止めていた釘が腐り壁ごと脱落する そ …

<サイディングのシール>

先日の屋根コロニアルの異常に引き続き、要注意点です。 外壁材がサイディングのお客様 時間のある時に、サイディングのシール部分を点検してみて下さい。 <動画>

石綿抜きのコロニアルの劣化の比較2

最近コロニアルの劣化が非常に目立ちます。 以前にもブログに書いておりますが 新築から10年前後のお客様注意して屋根を見て下さい。 当時のメーカーによっては、問題なく経年劣化のお客様もいらっしゃいますが 屋根を見てなんだか …

『塗装時の建物点検』2

外壁材は年々進化し 15年~20年も紫外線に侵されない。 なんて広告を目にします。 長持ちは良いことではあるのですが 塗膜だけ長期維持されても仕方ありません。 前回のブログ『塗装時の建物点検』に引き続き 屋根に注目してみ …

サイディングシールの劣化→補修

10年間、自然界に放置され 変化なく劣化しない そうした物はありえません。 紫外線の破壊力にはかないません。 これは、1階からはわかりづらい2階のシール部です。 サイディングはシール部の劣化により 板の側面から入水し、粉 …

ALCの外壁材(軽量気泡コンクリート)

ALCの外壁材(軽量気泡コンクリート) 最近、築年数のたったALCの外壁のお客様が 雨漏りの相談が増しております。 地震の影響でしょうか、経年劣化でしょうか。 通常のモルタルとはまた違った ひび割れからの雨漏りで 一旦漏 …

屋根の棟板金

ご自宅の見えない劣化として 屋根自体は何度もお知らせしております。 今回は棟板金のつなぎ目のシール部分の ヤセ状況を写真で見て下さい。 真夏の太陽の紫外線を10年も直接あびると このようにシール材もヤセてしまいます。 雨 …

築10年 幕板の補修

築10年 幕板の補修 幕板とはベランダの下方などに 外壁の意匠(見た目・飾り)のためにとりつけられた板のことです。 新築時の施工方法や地震などの自然災害でも もろくなりやすい箇所です。 自宅の点検をしてみて下さい。 幕板 …

雨漏り・10年での経年劣化

フッ素など高価な塗料でなくても構いません。 一般的な塗料でも充分です。 ※ いろいろな塗料と工事費用 建物の色々な箇所の点検をかねて 10年程度に一度の塗装が有益です。 写真は屋根の天窓の『ガラスビート』という ガラスを …

ベランダの保護トップ

外壁塗装の折にお勧めするのが ベランダの床塗装 ベランダの防水の多くはFRPというプールの底と同じ 素材で仕上げてあります。 もともと太陽が当たる場所にベランダはありますので 紫外線にさらされFRPの繊維質が劣化しやすい …

塗膜劣化の修復

前回の塗膜劣化の修復 今回が2回目の外壁塗装のお客様です。 チョーキングを起こし衣類まで旧塗装色がつくほど 塗膜が劣化していました。 下塗り、中塗り、仕上げと 徐々に仕上がっていきます。 <チョーキング(色落ち)が始まっ …

塗装時の建物点検

<塗装時の建物点検> 10年程度の定期的な塗装を兼ねた点検が 有効的な建物の保全策だと思います。 足場に上がると建物の現状が良く分かります。 下のサッシの穴に雨水は入り込みます。 入水を防ぐためのキャップが風化しています …

セメント瓦も塗装します。

瓦には焼き物の瓦とセメント形成の瓦があります。 セメントの場合 下の写真のように年数とともに 表面が荒れてきます。 屋根がコケでやや茶色の汚れが目立つ瓦は セメント瓦の率が高いです。 セメントはアルカリ性で 酸性の雨とは …

ベランダ・屋上を紫外線から守りましょう

ベランダや屋上はシート防水やFRP防水などの特殊施工がしてあります。 しかし、紫外線に長年さらされれば当然劣化してきます。 そうした特殊施工面に保護塗料を塗布して紫外線から 防水面自体を守ってあげることが大切です。 シー …

深刻な屋根の事情

2004~2005年以降の新築屋根 (平成16~17年以降) アスベスト(石綿)問題で屋根材・コロニアルなどに 石綿が使用できなくなり健康上有益となりました。 しかし、10年前の新商品は10年後 今までにはない破損、10 …

建物診断(詳細説明)

流山市 新築より10年の経過より建物診断 サイディングのシール(接合部)の劣化状況 屋根の劣化状況 ベランダ床の劣化状況 外壁の劣化状況 これらを注視し塗装開始 <サイディングのシール(接合部)の劣化状況> シール切れよ …

サイディングボードの割れ発見!

サイディングボードの割れ発見! おそらく地震などの揺れに対応しきれなかったのでしょう。 工事前 塗装工事後 工事前 塗装工事後 ※ 『お問合せ』

屋上シート防水 写真付き

屋上シート防水 施工 工事前 清掃後にプライマー塗布 シート接着 対紫外線劣化防止・保護トップ塗装 完成 <お問合せ先> TEL 04-7178-9492 FAX 04-7178-9493 <見積り専用ダイアル> 012 …

ブログ

カテゴリー

  • facebook
PAGETOP
Copyright © FIT外壁塗装 総合窓口 All Rights Reserved.