<建物の生涯維持コストを最小限に>

長年建物を使用すれば外装・内装・設備器具
いろいろなところが傷み補修費用がかさみます。

外部は塗膜の劣化から下地の傷みへ
塗装で保護膜をしっかり作り
建材が長年使用できるよう保護しましょう。

建物の生涯維持コストを最小限に抑える一つのコツです。